監督の選択が迷う所まで勝負にするのかどうなのか

賛否両論を呼んだ「投げずに敬遠」ですが遂に来季導入と決まりましてこれで投手にとっては選択するのかしないのかと迷う事になるが打者にとっては不利なのか勝負するのか予想がつかない事で監督の選択に任せる事になるがこれは年明けの規則委員会で判断はする事になると言う。

これは今年からアメリカ大リーグで導入された規則で試合時間を短縮する意味で導入をしてベンチにいる監督が敬遠を申告して投手は4球投げなくてもいいようにしたと言うがアメリカ大リーグは雨天など余程の事がない限り最後まで試合はしている事でこの様な導入をした。

しかし、日本ではどうなのかと思うと敬遠した事で逃げているというイメージもあると言うが実はこの様なドラマもあるので勝負のカギを握る展開になっている事で議論はしているとがこの様な導入をすると見れらくなる一方で勝負の選択が求められることになると言う。

これはプロ野球だけでなくアマチュア野球もこれを導入すると言うがこうした事で高校野球では松井秀喜さんの五打席連続敬遠があった事で議論も呼んだと言うがこの様な事をすると更に議論は起きてしまうのかと疑問視がある規則だと思っている所もある。

こうした指示をすると試合が成立するのかどうなのかとわからない展開になっていくのではと思ってしまうかも知れないが真剣な試合よりか試合時間を短縮するのが大事かも知れないと思っている。

来季から導入する申告敬遠はこれから球団や選手、日本プロ野球選手会など広く意見を集めて最終的には規則委員会で話し合う事になるので結論が出るのにはまだ先だと思っているのです。ミュゼ 50円