土曜日にさまざまな雑用を処理してきたこと

今日は、さまざまな雑用を処理してきた。まずは、隣の市の耳鼻科に行ってきた。平日に娘が耳鼻科に行ったのだが、子ども医療費受給資格証を持って行くのを忘れてしまったので、その精算に行ってきた。土曜日にその耳鼻科に行ったのは、初めてだったが、とても混んでいた。精算だけなのですぐに終わった。その帰りに、ふとスマホのグーグルマップのナビゲーションを設定して、その指示通りに帰ってみようと思った。今まで自分が把握していない道をナビゲーションされて、とても勉強になった。しかも、信号を通る数が圧倒的に少なく、移動時間もだい短縮できた。そのあと、銀行に行った。戻してもらった医療費を口座にお金を入れた。その後、近くのスーパーにある、廃品回収のボックスに行ってきた。新聞や雑誌、段ボールを、無料でそのボックスに入れることができ、しかもポイントが貯まるお得なサービスである。ちょうど500ポイントが貯まり、そのスーパーの500円分のクーポン券をゲットできた。うれしかった。

安い値段には理由があるからその理由を考えてから…

スーパーにいったときに、よく母に言われた事があるんだけどあまり安いのは選んではいけないというものだ。先日卵の種類がいくつかあって、値段もかなり違い自分が選んだのがちょっと安めの卵を駕籠に入れたときに久しぶりにそういわれた。
しかし、母に説明したのは最近は自分のほうが(高齢の母にかわって)スーパーに行くことが多く、その卵自体がちょっと高めの卵と普段値段がかわらない事を知っていたためだった。消費期限を比較して分かったのだが、別の卵は、消費期限があとでその安い卵は消費期限が2日ぐらい前だ。
卵はすぐ使うため、少々消費期限の日にちがちがっていてもあまり問題はあるまいと思ってそれを選んだのだ。
そういえば、各スーパーで異常に値段が違うときがある。同じ商品なのにどうしてそうなるか考えた方がいいのかもしれない。
理由はいくつかあって、売れ残った場合に値段を下げるのかそのスーパの戦略として目玉として扱っている等、こういう事も考えた方がいいとそう思ったわけである。