遺伝子と細胞などについて勉強をしていました

DNAなどについて勉強をしました。鎖の塩基の配列をリボソームが読み取りタンパク質が合成され、さまざまな形質が現れます。このような、ある情報をもったDNAの塩基配列、これがすなわち遺伝子です。細胞が分裂するときにはDNAの複製が起きます。このときもとの2本の鎖がほどけ、それぞれを鋳型として新しいDNAがつくられます。そのため、複製後のDNAの数や塩基の並び方は、複製前と全く同じになります。ただし、減数分裂では一度の複製で2回続けて分裂が起こるため、生殖細胞のDNAの量(染色体の数)はもとの半分になります。DNAの複製によって、どの体細胞の核の中にも、個体をつくるためのすべての遺伝子がふくまれることになります。地球上に生物が現れてから現在まで、長い時間のうちに生物はつぎつぎとその形やはたらきを変化させ、また多様な生物が現れてきました。この過程を進化といいます。とても勉強になることばかりでした。全身脱毛 おすすめ